2010年04月05日

ダービー卿CT回顧

めんどくさいので、今年のラップのみであせあせ(飛び散る汗)

12.4 - 11.8 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.4 - 11.1 - 11.5

1000m通過=60.3s

中山マイル外回りといえば、スタート直後から登りがなく一貫して下り坂が続き(平坦のとこもあるけど・・・)、

日本一1000m通過タイムが速いマイルコースだと思います。

で、ゴール直前だけ急坂が待っているんですが、ゴールまで200mしかないということも後押ししてか、

先行馬はスピードに乗ったままなだれ込める傾向にあります。

要はよっぽどの展開ではない限り、前が有利ということです。


で、1000m通過が57s台がデフォルトくらいで、たまに56s台に突入することもあるようなコースなんです。

ただ、今回は60s台。

もう、ちょ〜〜〜〜〜〜!!っスローですよ、。


まぁ想定ではサニーサンデーがいる限り、スローはないと思ってたんですが、

おしてる割に行き脚がわるく、前二頭を交わせそうもなかったなかったので、吉田弟は控えましたね。

でそれでも早仕掛けすれば上がりはかかる展開になったであろうに、内で包まれて仕掛けられないという。


他馬もペースが遅いのはわかっていたんでしょうけど、前の馬より後ろの有力馬を警戒したんでしょうね。

壊し屋がいませんでした。


こうなると、後ろは無理ですよね。追走にも脚を使わなきゃいけないですし、。


とりあえず、個々の評価はしませんが、今回の上位馬は次走はできるだけ軽視したいところ。

で、トライアンフマーチとファリダットについては、今回はなかったことに、。



一番おもろいとおもったのは、産経大阪杯の勝者テイエムアンコール、ダービー卿CTの勝者ショウワモダンは中山記念2,3着馬。

一般に道悪競馬はその後に繋がらないんですが、中山記念6着で中京記念勝ったシャドウゲイトも含め繋がってますね。。


ってことで、そのときの
4着セイクリッドバレー
5着ドリームサンデー
(7着キングストリート)

あたりは、今後の重賞で絡むことを考えておきたいところ。

こんな感じかな・・。
posted by ネモシン at 02:44| Comment(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。