2010年05月17日

ヴィクトリアマイル回顧

2010 12.2 - 10.6 - 11.0 - 11.7 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0 1:32.4
2009 12.2 - 10.8 - 11.7 - 12.0 - 11.9 - 11.2 - 10.8 - 11.8 1:32.4
2008 12.4 - 11.3 - 12.0 - 12.2 - 12.1 - 11.2 - 11.0 - 11.5 1:33.7
2007 12.3 - 10.8 - 11.7 - 11.8 - 11.6 - 11.2 - 11.2 - 11.9 1:32.5
206 やや重のため略


とりあえず、先週より超高速馬場であった。

スタートは比較的全馬きれいなスタート。

ブラボーデイジーとベストロケーションが互いに譲らず、ハナ争いをしたことからテン3ハロンは馬場を考えても、速くなっていると言えるかもしれない。

で、5ハロン目にようやくゆるんだが、6ハロン目につじつまを合わせるように仕掛けが遅くなっていることから、各馬が自然と差を詰めることができた。

よって、加速がついた中盤組が有利だったと思われ、先行馬3頭(プロヴィナージュを含め)にとっては厳しいレースになった。

ただ、馬場も考慮すべきではあると思うが、最後まで

9着プロヴィナージュ
8着ブラボーデイジー

は粘っており、もう少しテンが緩めば、馬券圏内に入れたのではないかと思う。

次走に注目したい。




1着ブエナビスタ

2着ヒカルアマランサス

京都牝馬Sでスローを大外ごぼう抜き。スロ専のレッテルを勝手に貼ってたが、今回は一気に馬群に飲み込まれそうになる苦しい展開の中、差し返し抜け出して、あわやの金星をあげそうになった。
ワンカラットとブロードストリートには、決め手の部分でねじ伏せた印象。
ただ、枠の恩恵は受けたはずで、前3頭とは若干離れていたため過剰に評価はできないが、差し返すという勝負根性はなかなかいいものを見せてもらった気がする。がんばりすぎて最後は右に左によれてましたね〜。。


3着ニシノブルームーン

内二頭目を周り、直線も大外ぶん回しせず、中を突こうとした。っが、前が全く開かず、最後もヒカルアマランサスのよれに結構振り回されていた。スムーズならもう少し上の着順もあったかもしれない。
ただ、横綱競馬ではないし、まぁ着順通りの評価が妥当。



4着レッドディザイア

枠の問題もあったし、強い競馬を見せたのは確か。着差もわずかだし、海外帰りという点ではファンの期待度には及ばないかもしれないが、合格点をあげられるようなレースだったんじゃないかと思う。ブエナビスタが、ちょっと一枚上だっただけで。。
距離が伸びて巻き返しは必至だと思うし、宝塚でオッズが下がるようならうま味は増す。


5着ブロードストリート
7着ワンカラット

正直展開や位置取りが一番向いたのはこの馬だと思う。ただ、ヒカルアマランサスに差し返されたし、着差以上にマイルでは完敗だった印象。それぞれ適距離で。


6着ミクロコスモス

ブエナビスタを徹底マーク。で、最後は差し比べをしようとしたんですが、一向に差は縮まらず。
ただ、ブエナには完敗したものの、やはり能力は見せてきた印象。単なる着狙いの内容ではなかった気がするんだけどな。。




全体的に10着までの差がわずか0.4差でびりとのタイム差も1.2と差が少なかった。よって、レベルが低かったレースと言えるかもしれないが、もっと的確に言えば距離ごとに大きく着順が入れ替わる今の牝馬戦線であるんだなと思った。

その中でも距離の枠を通り越し、海外帰りという大きな悪条件を持ちながら大外ぶん回しで勝つブエナビスタはやはり一枚も二枚も上手だなということも同時に思った2010ヴィクトリアマイルでした
posted by ネモシン at 00:07| Comment(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。