2010年05月30日

日本ダービー

日本ダービーという年に1度の祭典にもかかわらず、

あまりエントリーを更新してこなかったネモシンです。


サンライズプリンスの離脱のときはまだ、すげェメンツじゃん!って

思ってたけど、ダノンシャンティも抜けて

すげえメンツ?

と、少し盛り下がってしまったネモシンです。


これはやっぱ、例年に比べ別路線でド派手なパフォーマンスをしたスター候補生がたくさんいるからだと思うんですね。


皐月賞2着のヒルノダムールを余裕であしらったペルーサ。青葉賞での驚異の4馬身差圧勝。藤澤和雄調教師にして、当時のゼンノロブロイ以上と言わせた逸材。あまり多くを語る必要はないか?


プリンシパルS4馬身差の圧勝ルーラーシップ。キングカメハメハ×エアグルーヴという超良血。新馬戦から始まったドラマはここではどのように展開していくのか!?何か優等生という感じではなくて、わんぱくなガキ大将というイメージなのは私だけですかね?とにかく暖かく笑って見守りたいような馬。この馬を嫌いな人はいないんじゃないかな〜と。。


青葉賞2着トゥザグローリー。ペルーサに力負けしたことは確かだが、キングカメハメハ×トゥザビクトリーの超良血。キャリア3戦目の初めて強い相手と戦ったということも考えても、伸びしろを期待してしまう。3月と遅いデビューながらダービーに滑り込み出走させてきたことも、今後の明るい未来を考えても奇跡を信じてもいいんかなとも思う逸材。


NHKマイルを日本レコードで余裕を持って差し切ったダノンシャンティ。驚愕の末脚は見ていて度肝を抜かれた。タイムにも度肝を抜かれた。ペースこそ違うものの、当日の12Rの1600万下の勝ちタイムに2sほど速いという馬場だけでは説明できないハイレベルだった。確か、共同通信杯手前くらいまでは体質が弱くあまり強く調教できなかった馬だが、体質強化とともに強い調教を施すことが可能となりより一層のパワーアップに成功。今ならヴィクトワールピサとの再戦には堂々と望める感じだったが・・

あのハイペースを驚異の粘りで4着に食い込んだサンライズプリンスは確実にダービーで好勝負になると思っていました。中山NZTも大外から余裕で差し切る豪快さ。スプリングSも最後までじりじり伸びてましたし、この馬がダービー馬になってもなんら不思議ではないと思ってました。ただ、NHKマイルがハイレベルの極限の戦いになってしまったことから、上位馬の内3頭が故障してしまい、この馬も・・・。


コスモファントム。昨年の秋にはすでにヴィクトワールピサに次ぐ実力の持ち主だったであろう。2歳戦にしては締まった流れとなったラジオ日経2歳で前であわやの場面を作った。当時はこの馬が皐月賞勝つなと思ったものである。しかし、その後順調にいかず、京都新聞杯まで出走が伸びてしまった。これで惨敗ならアレだったが、皐月賞を前で粘った実力者であるゲシュタルトの2着であれば、叩き2戦目の上昇度を加味してもダービーでの抗戦を期待してもいいのではないかと思えないか?




・・・このように、とても別路線組が豪華だったんですね。ただ、離脱した馬のほかにも、よーく見るとまだ魅力的な馬はたくさんいますね。皐月賞組の巻き返しも含め、やっぱまだ史上空前のダービーにふさわしいメンツなんかな?


はい、、ここからは皐月賞組。


ヒルノダムール。ハイレベル戦だったラジオNIKKEI2歳Sでは消化不良のレースをしながらも僅差の4着。この時点で力はあるなとおもっていたものの、若駒Sでは世間の注目に反してルーラーシップを出し抜いて完勝。そして、次戦の若葉Sでは

12.1 - 10.5 - 11.9 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 12.3 - 12.5 - 12.3 - 12.1

と若駒Sとは正反対のかなり厳しい流れの中の展開となった。最後までペルーサに食い下がるも、万事休す。ただ、最後まで脚を伸ばしていたし、ハイペース耐性もあることが確認された。皐月賞では少し仕掛けが遅れたものの2着に追い込み。今回広くなる東京コースは歓迎のはず。そして、この馬の売りはたくさんのレース展開を経験していること。すべてのレースがかなり異なる展開だったことが、今になって生きてきそうで、2400mにも無難に対応してくると思われます。安定感といった意味では確実に好戦するでしょうね


エイシンフラッシュ。正直、京成杯は低レベルレースと思っていたんで皐月賞は驚きの結果。今回東京替わりするのも、瞬発力の裏付けがないこの馬には?とも思うんですが、京成杯から直行での皐月賞3着は相当実力がないと無理なんじゃないの?と思うわけで。。。リルダヴァルをあっさりと手放して、こちらに内田騎手が乗ったのも何か特別なものをもっているのかとも察してしまう。。


レーヴドリアン。とりあえず、能力はあるものの、コーナーリングが異常に下手で、加速力に乏しいことが欠点なこの馬。ただトップスピードにのってからの追い込みには目を見張るものがあるんですよね。この馬にとっては、ハイペースになることが好走の条件になる気がします。


サンディエゴシチー。今回来るかはわからないんですが、決して早熟でもう終わった馬ではないと思います。皐月賞も不利がありましたし。。小回りローカル重賞で狙えるんではないでしょうか?


アリゼオ。前に厳しい展開の皐月賞で、大外枠・掛りながらの5着好走。能力があるのは確かです。ただ、東京替わりは+でないし、気性的には距離延長がどうかと。。無理に好位につけるのであれば可能性はないと思いますが、今後のことは考えずに思い切って逃げれば残る可能性もあるんじゃないかと。ただ、逃げてしまえばこれからは暗い未来が待ってそうな気が・・・。


ローズキングダム。昨年朝日杯勝利時には例年の朝日杯勝利馬とは違い、ダービーを目指せる逸材という評判であった当馬。ただ、スプリングSでのあまり言い訳のできない敗戦で評価は下がり、皐月賞回避の可能性も出た。しかし、出走して4着にパフォーマンスを上げてきた。この巻き返しが終わってない馬として悩ませる理由なのだが、距離延長は疑問でしょう。この馬体で耐えられるか?そして、東京替わりは+になるんか?瞬発力はあるが、立ち回りの巧さはあっただけに、大幅なパフォーマンスの上昇は見込めないような気もする。。


ゲシュタルト。皐月賞本命馬だったが、悔いのない7着。前には苦しい展開で粘ったのは評価できるし、次走の京都新聞杯は完勝。それで、この人気はやっぱ買いたくなるでしょ?決め手に欠ける気はして、東京替わりは−。でも、個人的にはすごく期待したい馬。


リルダヴァル。僅差の競馬が続いているが、皐月賞は今後に期待が持てる内容で、NHKマイルでも接戦。野路菊S勝利時の期待には届いてないと思うが、ここでさらにパフォーマンスを伸ばしても不思議ではまったくないんですよね。ただ、故障だけが心配。タキオン産駒。。



最後に、ヴィクトワールピサ。豊の思いと一緒に走る岩田騎手。昨年の一番人気惨敗から1年たった岩田騎手。同じネオユニ産駒に乗る岩田騎手。。
昨日のナムラクレセントで超絶に掛ったことの後遺症で慎重に進めすぎないかが不安ですが、一番勝ってほしい。重圧に打ち勝ってほしい。
立ち回りの巧さが目立つ馬で、直線が長いことはプラスに働くかはわからんが、強豪相手にずっと勝ってきたこの馬。超ハイレベル世代の現時点の一冠馬。不安よりも、期待を持って見ていきたい。




書けば書くほど興奮してきました。やばいですね。。一年の締めくくりとともに、一年の始まりと言われるダービー。
ホント、実力馬が集まったと思います、今回は。とにかく、、



楽しみましょう!!



◎ヴィクトワールピサ
○ペルーサ
▲ゲシュタルト
△コスモファントム
△ルーラーシップ
posted by ネモシン at 15:30| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

白百合ステークス




◎アマファソン
○シャイニーナイト
▲ワイルドラズベリー
△コスモヘレノス
posted by ネモシン at 13:40| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KINKO賞2

さて、続き。


アーネストリー

佐藤哲三ジョッキーの性格。そして、馬の特性からもいくら縦長になろうとも、早め早めに動いていきそう。ということで、自分の競馬はできそうだが、果たして。
この馬も人気の一角であることから、この馬をマークして動くはずなので極端な瞬発力戦にはならない気がしてきましたが。。


ナムラクレセント

キレではアクシオンやスマートギアに迫るものを持っており、きつい展開でも脚を伸ばし続ける総合力の高い馬。
ただ、気性の問題もあり、まだ長距離では実力を出し切れていない感じもする。。

そう、あくまで長距離では・・・

中距離では折り合いはつきやすいとはいうものの、果たして中距離のほうが適性があると簡単に言ってしまっていいのだろうか?というのが個人的な謎。
もうワンランクのスケールアップがほしい・・



ホワイトピルグリム

前走大敗するも、0.9差とまずまず。京都記念も現在の古馬路線を引っ張っている3頭を抜けば、4着ですよ!(こじつけ・・・・。
人気落ちしてる今が買い時な気がします。。


ドリームサンデー

好きな馬なんですが、いかんせんキレる脚がない。ただ、今回は後ろがけん制し合って、大逃げ・・・まではいかないかもしれないけど、中逃げ程度に逃げて、早めに仕掛けていけば、残る可能性もあるのかな?といったところ。ただ、前走は個人的にはかなりのダート適性を見せたと思うので、もう一度ダートに出してもらいたいなぁ。。



タスカータソルテ

キレる脚がなく、前が垂れていくのを後方から抜いていく、他力本願的なプレイスタイルであるが←悪くいいすぎ?

近走の好調ぶりがどうなんかが考えどころ。

平坦適性はあるものの、展開的には向かない可能性が高い。

ここではない気がします。



ってことで、


◎ホワイトピルグリム
○スマートギア
▲アーネストリー
△ドリームサンデー
posted by ネモシン at 02:54| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。