2010年05月08日

京都新聞杯回顧

2010 12.4 - 11.1 - 12.4 - 11.6 - 12.4 - 13.3 - 12.8 - 12.1 - 11.7 - 11.5 - 11.5 2:12.8
2009 12.6 - 11.2 - 12.3 - 12.5 - 12.4 - 13.0 - 12.6 - 11.8 - 11.3 - 11.5 - 11.8 2:13.0
2008 低レベル戦で省略
2007 12.4 - 10.4 - 12.5 - 12.7 - 12.5 - 12.9 - 12.7 - 12.1 - 11.3 - 11.8 - 12.2 2:13.5
2006 13.0 - 11.4 - 12.8 - 12.7 - 12.9 - 13.2 - 13.2 - 12.1 - 11.3 - 11.1 - 11.1 2:14.8
2005 12.6 - 10.7 - 12.5 - 12.2 - 12.2 - 12.5 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 12.6 2:13.0

モズがハナを主張。他に逃げたい馬もおらず、テンはそこまで速くならず、ややゆったりとした入りに。

そのまま落ち着くかに思われたが、逃げて実績を残してきたシャイニーナイトが一気にハナを伺う。かかっていたかはわからないが、川田騎手が押さえる素振りもなかったため、もともと道中でハナに立つ作戦だったのかもですね。

ただ、、モズが引かなかったため、結局シャイニーナイトは二番手に控えることに。

で、最後はつじつまを合わせるように例年より仕掛けが遅い感じ。
これにより後方集団もスムーズに前に近づけることができたので、このレースは基本的には差し有利の展開だったと言える。


よって、今回先行して負けたものの粘った

アドマイヤタイシ

惨敗したものの巻き返しが期待できそうな

シャイニーナイト

を注目しときたい。


1着ゲシュタルト

コスモファントムをきちっとマークしての差し切り勝ち。
さすが、皐月賞本命馬(笑
ただ、展開が向いた面もあるし、ローテも順調だった。
今後はダービーに進むだろうが、今のところそこまで購買意欲は・・。


2着コスモファントム

展開的には差し有利、、ってかトップスピードの速い馬有利な展開。で、粘っての2着。伸びしろは上位3頭中一番あるし、賞金的に出走できるでしょうし、叩けてよかった。本番でもぜひ買いたいと思わせた一頭。



3着レーヴドリアン

ダービーは絶望的でしょうか。ってか、また出遅れ。で、予想通り藤岡兄の余裕たっぷりの末脚残し騎乗。第一コーナー回った時点であ、やっぱ頭はないなと思いましたもん。末脚は確実で舞台も合っていて、展開も悪くはなかった。それでも加速に手間取る辺りが勝ちきれない最大の要因。菊花賞では買いたい感じですが、条件戦でも手間取るかも。。
posted by ネモシン at 22:16| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟大章典

新潟2000mということで、

とにかくキレる馬。

スマートギアがなぜ都大路にしたのかは疑問ですが。。

メンツ的にもそこまで大差ないような。。


メイショウレガーロ

さすがに今回は人気すると思うが、切れ味派のこの馬には向いているでしょうね。


トリビュートソング

まぁ人気との相談ですが、たぶん人気でしょ?


シャインモーメント

前目にいけて、ピリッとした脚も使える馬。



穴的要素が一番大きい

◎シャインモーメント




〜追記。


チョウカイファイト

スタミナ、切れ味ともバランス良くもっているが、どちらかといえば上がりがかかる闘い向き。新潟はベストの舞台とは言い難いので。。


セイクリッドバレー

前走最内をまわり、伸びるも最後はまた引き離される。切れ味がそこまでのサニーサンデーに切れ負けした点が。。。サニーサンデーのほうが上と思ってるので切り。あと、鞍上。


サニーサンデー

好きな馬なんですが、前走は中山にしてはかなりスロー。よって、3着に来たものの内枠の利もあったと思う。
距離延長も全然問題はないが、新潟がベストな舞台だとは思いづらい。
今回購買意欲は起きない。


マイネルスターリー

だんだんと買いやすいオッズになってきましたね。鞍上も強化されたと思うし。。
どのレースでも着差はわずかだし、相手には加えておきたいところなのでは?


ゴールデンダリア

前走は見事貢献してくれたわけですが、今回もとくに割り引く点もないが。。
posted by ネモシン at 14:58| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都新聞杯

注目馬について。


▲ゲシュタルト

順当にいけば、この馬が勝つのではないかと。。

皐月賞でも厳しいペースの中、よく粘りましたから。

コスモファントム、レーヴドリアンについては不安要素のほうが大きいと思う。

コスモファントムについては当然久々。

レーヴドリアンについては枠。最内枠を藤岡兄がどう捌くか?
一番人気だし、いつものように伸びるも・・・ってなりそう。


ただ、やはり印は穴からつけたいもの。


○シルクアーネスト

どうしても切れ負けしてしまうこの馬にとっては、阪神よりこちらのほうがあってると思うし、スタミナさえもてば、おもしろいんじゃないかと。


消マコトヴォイジャー

若葉Sはかなりの持久力が問われた。1,2着馬は今年のダービーでもかなり有力と言われる器で、その馬に差のない3着。
前走はそのため圧倒的な人気を集めたが、8着に敗れた。
若葉Sの2頭との明確な違いは、切れ味がないこと。これはかなり致命的。今後もよっぽどのハイペースにならなきゃ来ないんじゃないかと思いますね。で、この馬はダートのほうがいいと思いますね。。


◎アドマイヤテンクウ

ラジニケ5着。京成杯では皐月賞3着馬エイシンフラッシュと叩きあいの末ハナ差の2着。ペースが超スローで残り2ハロンの競馬だったので、連対馬の能力を疑問視していたが、上位2頭は普通に強かったのかもしれない。
成長度の差はあるものの、当時ではエイシンフラッシュと同じくらいの切れをもっていたと考えられる。
弥生賞は-20kgで完調には程遠いので度外視。
コスモファントムとはラジニケで0.2差だし、どちらを取ると言われればこちらのほうがオッズ的においしい気がする。


▲シャイニーナイト

リルダヴァルも皐月賞6着だし、毎日杯は決してレベルが低くはなかったと思う。で、4着。前走は順当に勝ってきてるし、期待値的にはそれほど低くないと思うんですけど。
posted by ネモシン at 14:10| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。